tel_sp

book

mh

暮らしやすさ
断熱=健康

  1. コンセプト02 断熱=健康

どんな季節でも快適生活。

断熱性能を高めて、冬暖かく、夏涼しく
外が暑くても寒くても室内は快適

寒さの我慢はリスク。

脳梗塞や心疾患、喘息、アレルギー。
「冷えは万病の元」は、科学的にも実証されています。

独自の「発砲工法」

窓サッシ取付けに硬質ウレタンを用いる新工法を採用。
コストを抑えつつ、断熱性能を大幅向上します。

減築してから断熱する選択

減築して家がコンパクトになれば、
断熱もスマートサイズに。

超省エネの高断熱リフォーム

モデルハウス既存住宅現況邸モデルハウス既存住宅現況邸

住まいの快適性を高めるため
高い基準の気密・断熱性能を目指します。

これからの毎日を快適・省エネに暮らして頂くために、高い基準を目指したリフォーム施工を行います。
断熱性能や、光熱費などがシュミレーションできますので、断熱不足や、過剰仕様にならない適切な断熱設計が可能です。

『Q1.0住宅』とは?

国が定める省エネ基準ではなく、更に高い省エネ基準を満たした省エネ住宅。
一般社団法人新住協により考案された、一般的な高断熱住宅より、更に半分のエネルギーでくらせる基準です。

『Q1.0住宅』とは? 『Q1.0住宅』とは?

海外の取り組み

家が温かいことは贅沢ではなく、
海外では当たり前のように断熱化を行っています。
UW…窓の断熱性能を表す数値。数値が低いほど断熱性能が高い。

  • ドイツ

    ドイツ環境先進国であり、室温19℃以下は「基本的人権を損なう」とされている。
    最低基準Uw=1.3

  • イギリス

    イギリス暖房を止めた時の室温、19℃以下は健康リスクが現れるとして法規制有り。
    最低基準Uw=1.8

  • 中国

    中国広い国土を気候区分によって法制化し、段階的に基準を強化している。
    最低基準Uw=2.5

  • 日本

    日本法基準整備が遅れており、日本の住宅は、「耐震一流・設備一流・断熱三流」との評価もあるほど。
    Uwの最低基準は規制なし

スタッフの声STAFF VOICE

勝野 倫正

ARCHITECT 勝野 倫正

急激な温度差が引き起こす心臓や脳への悪影響、ヒートショック。
このヒートショックが原因で亡くなる方は年間に約1万7千人。
マヒなどのヒートショック後遺症で苦しむ方はその何倍にもなると言われています。

家は、断熱材で全体を包みながら、隙間も作らない、魔法瓶のような形が理想です。
高気密高断熱の平屋では、エアコン1台で、冬暖かく、夏は涼しく保てます。

ヒートショックが起きてしまったら、その後幸せに暮らすことはできません。
大切なのは、健康被害のリスクを建物から排除して、快適に安全に過ごしてもらうこと。
住宅の性能を高める提案は、リフォームに携わる者としての使命だと考えています。

お気軽にお問い合わせ
お待ちしております!

  • 暮らしやすさ
  • 経済性
  • 耐震

お問い合わせCONTACT

減築リフォームのご相談など、
お困りのことがございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

0120-363-750

受付時間 9:00~18:30(火水曜休)

資料請求

モデルハウス来場予約