tel_sp

book

mh

コラムCOLUMN

  1. 平屋のリノベーションをする方へ!気密性について知っていますか?

断熱=健康 2020年05月20日

平屋のリノベーションをする方へ!気密性について知っていますか?

平屋のリノベーションをする方へ!気密性について知っていますか?

平屋のリノベーションの際に、気密性に注意することは大切です。
「気密性って何となくイメージはできるけど、具体的にどのようなものか分からない。」
このようにお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そこで今回は、気密性とはどのようなものなのかと、気密性が必要な理由について説明します。

□気密性とは具体的にどのようなものなのか


気密性とは、簡単に言うと家にどれだけ隙間が少ないかを示すものです。
気密性が高ければ、家に隙間が少なく、より密閉されていることになります。

現在では、施工技術が進歩したため、家の隙間は昔に比べると、かなり少なくなったと言われています。
しかし、昔からの木造住宅の場合は、隙間が非常に多いので、リノベーションを機に、気密性を高めると良いかもしれません。

その場合、コストが高くなる可能性や、施工期間が長くなる可能性がありますが、その分たくさんのメリットがあるので、確認していきましょう。

□気密性が必要な理由とメリットについて


気密性を高くすることで、多くのメリットが期待できます。

まず、室内の温度を快適に保てるようになります。
気密性が高いと、外気が室内に入りづらくなるので、エアコンをあまり利用しなくても、温度調節ができるようになります。
電気代も節約できるので、良いですよね。

また部屋以外の廊下や階段にも、隙間風が入らなくなるので、家の中の温度差も減らせます。
そのため、ヒートショックなどの病気のリスクも、減らせるでしょう。

また、気密性を高めると、断熱対策の効果も上がります。
断熱材は、家の中と外の気温差を減らすものですが、風を防ぐ効果はありません。
気密性を高めることで、風も防げるので、より快適な温度に保てるでしょう。

さらに、気密性を高めると、換気も効率よく行えるようになります。
気密性が一定であれば、換気は効率よく行えるので、全体的に気密性を高めることで、換気がしやすくなります。
密閉性が高いと聞くと、風通しが悪いのではないかと不安になりがちですが、実際は換気を効率よく行えるようになるので、オススメです。

この他にも、花粉などが入り込むのを防いだり、結露を発生しにくくしたり、遮音性を高めたりもするので、これらが悩みのタネとなっている方は、一度検討してみてください。

□まとめ


今回は、気密性について解説しました。
平屋のリノベーションをする際に、気密性も高めることを検討する方は多いです。
平屋のリノベーションを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

お問い合わせCONTACT

減築リフォームのご相談など、
お困りのことがございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

0120-363-750

受付時間 9:00~18:30(火水曜休)

資料請求

モデルハウス来場予約