tel_sp

book

mh

コラムCOLUMN

  1. 平屋のリノベーションをお考えの方へ!後悔しやすいポイントをご紹介!

暮らしやすさ 2020年04月14日

平屋のリノベーションをお考えの方へ!後悔しやすいポイントをご紹介!

平屋のリノベーションをお考えの方へ!後悔しやすいポイントをご紹介!

平家のリノベーションを検討している方はいませんか?
平家のリノベーションは2階建てにはないメリットがある分、思いもしないデメリットがあります。
事前にどういうデメリットがあるかを把握しておくと、対策を立てやすくなります。
そこで平家を建てたときに後悔しやすいポイントについて解説します。

□平屋を建てる際に後悔しないために


平家は1階のみで生活するための機能を全て満たすために、縦ではなく横に面積を広く確保する必要があります。
そのため土地の価格が高くつきやすいので、土地の価格を考慮せずにリノベーションのコンテンツを考えていると、見積もりが全く合わないといった失敗をする可能性があります。

生活するうえで絶対に欠かせない機能だけに絞り、それに合わせた面積の土地にすることで余分な出費を抑えられます。

□平屋の間取りで後悔しやすいポイント


平家の間取りで失敗している人が多いポイントを以下で紹介します。

1つ目は音が響きやすいことです。
平家では部屋どうしの距離が2階建てよりも近いので、家族の生活する音が聞こえやすい環境になっています。
寝ているときにトイレの水が流れる音やシャワーの音、廊下を歩く音などが聞こえてきて目が覚めるといったことも頻繁に起こるでしょう。

部屋どうしの距離が近いと多くのメリットがありますが、音に神経質な人がいれば多少距離をとる間取り設計にするのが良いかもしれませんね。

2つ目は収納スペースが少ないことです。
家のスペースが1階分しかないので、収納用のスペースは2階建てよりも少なくなります。
家に物が多い人の場合は平家を建てるときに、収納スペースを意識的に多めに確保すると良いでしょう。

3つ目は外からの視線が気になることです。
平家で生活をすると外から生活の様子が見えやすくなるので、どうしても気になってしまいますよね。
そうなると日夜問わずカーテンを閉じたままで、窓も開けづらくなり生活が密閉されたように感じ息苦しさを覚える人もいるでしょう。

生活の様子が簡単に覗かれるとなると、泥棒も入りやすくなるので外から見えづらくする工夫をすると良いです。

□まとめ


今回は平家を建てたときに、後悔しやすいポイントについて解説しました。
平家をリノベーションしたときに後悔しても、やり直しができないのでどうしようもありません。
設計の段階でしっかりと要望を伝えておき、失敗を未然に防ぎましょう。
平家のリノベーションを行いたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

お問い合わせCONTACT

減築リフォームのご相談など、
お困りのことがございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

0120-363-750

受付時間 9:00~18:30(火水曜休)

資料請求

モデルハウス来場予約